--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014.06.29

アリーヤ製作記 5 -完成!


CIMG2853.jpg


----- In The Myth    God Is Force -----


黒栗さん作成のために本体完成状態から長らく放置プレイされてきたアリーヤさんですが、ようやく肩フレアが装着され、電飾の制御が形になりました。
ということで、これでようやく 03-AALIYAH シュープリス 完成です!

2回続けて作成完了の記事ってのも変な感じですが…。


今回は改修の内容が内容なので、分かりやすく…と思い動画の撮影+投稿に初挑戦してみました。
…が…なかなか難しいものですね…
ただ改造箇所をなぞっただけで、opムービーの再現的なことはほとんど出来ていませんが、もうそれだけで動画作成に疲れてしまいまして…。

動画は「続きを読む」のほうで。
なんともひどい出来の動画ですが、よろしければご覧ください。







電飾に関しては、「電飾大魔神」ことRavens`Nest所属のスコーチさんが既にやっていることと同じですので、二番煎じといえばそれまでではあります。ので、せっかくなので写真だけでは説明しにくかった可動範囲拡大工作についても動画にて触れております。

電飾制御に使用したマイコンですが、こちらもスコーチさんから情報提供頂いた「ARDUINO UNO」を使用しています。頂いた情報通り、完全な初心者である私でもサンプルプログラムの書き換えとネット検索程度でそこそこそれっぽい制御が出来る優れものでした。
スコーチさん、本当にありがとうございます。おかげさまでウチのアリーヤをここまで弄り倒すことが出来ました…。

ちなみにマイコンはこんな感じ。
CIMG2855.jpg

箱についている2つのスイッチは、サイドブースターの左右切り替え用と、オーバードブースター<=>バックブースターの切り替え用です。これらはそれぞれが同時に発光することはないので、端子数節約のために取り付けてみたものです。

で、マイコンとパソコンはUSB接続、アリーヤへは16端子のケーブルをパソコンから…という感じです。
CIMG2854.jpg


では、あまりないですが、せっかくなので撮影した写真もいくつか。

04-MARVE引き打ち。
CIMG2845.jpg

051ANNR引き打ち。
CIMG28472.jpg

OB起動。
CIMG2844.jpg



…さて。
反省会の時間です。

最大の反省点は、動画でも一瞬触れましたがメインブースターの断線。
どうやらアリーヤ内部での断線のようで、もはや手出しも出来ないという悲しい状況。いかに断線を防ぎつつ組み立てられるか、かつ後からメンテナンスできるかを考えた作り方をしなければいけないなと強く反省しております。
ちなみに、発光しないのはコア右後ろの2発。コア左後ろ、両脹脛のブースターは一応生きています。

続いて。
塗装がかなりやられています。
まぁ初エアブラシ塗装作品ですし、塗装後に「可動範囲を写真に納めるんだー」とかでガシガシいじくったことも考えれば当然ですし、そこらへんは覚悟はしていたんですが…動画に映り込んじゃったなーというのがちょっと。

次。
サイドブースターの発光があまりにしょぼい…。
電飾を仕込むためにブースターの形状を作り直したのですが、もうちょっとうまくやるべきだったなぁ。

次…はまぁしょうがないんですが。
マイコンのピン、仕様なのか不良なのかは確認していませんが、PWM制御(要は光の強さを段階的に変化させること、と思っていただければ)ができるピンが限られているようです。
結局PWM制御をしているのは、カメラアイの左右それぞれ1灯ずつ、バック・サイド・オーバードブースターの合計4ピン分だけになっています。


…とまぁやはり反省点は多々ありますが、マイコン制御やら動画撮影やら、今までやったことのないことを色々と経験できたのは大きいですね。
これは色々と幅が広げられる気がします。もう次の電飾+マイコンのモデル製作もイメージが固まってきましたし。
次に日本に帰ったときにもう2個ぐらい買っておくかな…

そんなわけで、ウチのアリーヤは完成です。
一体AC4発売から何年経ったんだ、と思わなくもないですが…まぁいいよねー。


CIMG28462.jpg

では。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://nin00o00nin.blog.fc2.com/tb.php/36-3e1b3947
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
あー、すみません説明不足でした。ARDUINO UNOだとPWMは計6ピンしか対応していません。同じプログラム環境で増やしたい場合はARDUINO DUEならできるはずです(自分は未経験ですが)。なおUNOの場合はマイコン自体は小さいので、自作ボードを分割すればサイズの大きいプラモならKIAIで内部組み込みできる場合がありますが(VOBなら何とか行けるか?と構想中)、DUEの場合は絶望的。外部制御かつ自由度を持っておきたいならDUEの方が良いかもです。いまさらですみません・・・。
Posted by スコーチ at 2014.07.06 10:15 | 編集
>スコーチさん
いえいえとんでもないです。情報提供感謝しております!このアリーヤ、スコーチさんがいなかったら作られることもなかったと思います…!
今後またマイコン制御をするとしたら、自分はおそらく外部制御の線で行くと思いますので、DUEもチェックしてみます。
マイコン内蔵…給電が難しくなるかもしれませんが、UNOを2個搭載する、とか…?DUEとどっちがでかいんだ、って話ですけどね。タンク脚とかがあればかなり夢が膨らみますが…
Posted by ―nin― at 2014.07.07 02:17 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。