--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014.07.20

[再録] ホワイトグリント製作記 11 -完成

CIMG1349.jpg
   Pray
     for Answer


…意外とホワイトグリントを象徴する台詞って思いつかないなぁ。あのミッションだと水没さんとか逆流さんの印象がどうも。


と、いうことで(?)。
完成から2年以上を経て、今ようやくホワイトグリントの記事が完結しました。
まぁ当時はブログやってなかったとはいえ、時期逃しすぎどころではない雰囲気は感じますが。

リアルタイム製作品でもないホワイトグリントですが、こいつを記事にしたのは何も「更新ネタないときにこれ書けばいいや」と思っていたというだけではありません。ありません。ありませんとも。
ここ最近の自分の製作物、特にアリーヤや黒栗製作の原点、というか元凶というか…は色々な意味で間違いなくこのホワイトグリントです。特に電飾とか磁石とかに代表されるような、こいつのおかげで手に入れた工作方法等は自分にとってものすごく大きいです。
で、おそらくこの先に製作するものについてもそうでしょう。
技術的に未熟なこともあり、一年以上の製作期間をかけるという半端ではない苦労はしましたが、苦労の分だけ思い入れもあったのです。プロフィール写真をこいつにしているのもその辺が理由ですね。

うん。これでようやくオマエをブログトップに飾れるよホワイトグリント。

さて、では写真は以下から。
今は実家に保管されているため、昔撮った写真ばかりですが。





まず、武器なしの素体。

手の改造のおかげで、手の分解なしで素体に出来ます。
CIMG1315.jpg
CIMG1317.jpg
CIMG1319.jpg
CIMG1318.jpg

武器を装備。
CIMG1324.jpg
CIMG1325.jpg
CIMG1330.jpg
CIMG1326.jpg

アクション…つってもこれだけですが。
例のカーチャン甲板上のスピンな感じで。
CIMG1359.jpg
CIMG1365.jpg

細部についてもいくつか。
武器やコアのセンサーっぽいところにオーロラアイズ…だったかな?を貼ったり
CIMG1366.jpg

ちゃんとブースターが収納されていたり
CIMG1367.jpg

ミサイル弾頭が入っていたり
CIMG1328.jpg

差し替えなし変形が一応可能だったり(断線怖いんでおそらく二度とやりませんが)
CIMG1373.jpg
CIMG1374.jpg

すげぇ分かりにくいけど腰アーマーが若干動いてたり
CIMG1360.jpg

…といったような。

ということで、ここまでで初期目標のうち最初の3つについては
・差し替えなし
  →差し替え完全排除達成
・ACfaのOPでの動き、変形が(可能な限り)再現できる
  →変形機構一応生きてる
   OPの動き…は…可動範囲がちょっとだけ広がったから、できてるんじゃない?
・適当にディテールアップ
  →まぁそこそこディテールアップはしたかな
…て感じになったかな、と思っています。いいんだ俺だけでも思っていれば。


さてさて。
もともとは思いつきで始めたことだったんですが、気がついたらこのホワイトグリント改修のメインになってしまっていた感のある電飾です。
こいつは初期目標の最後の一つ、「全部電飾」を一応達成したといっていいでしょう。

まずは各種ブースターから。
メインブースター通常時。
CIMG1331.jpg

バックブースター。…とついでにカメラアイ。
CIMG1342.jpg

サイドブースター。OBユニットへの反射があるように、ちゃんと肩の後ろ側も光っています。
CIMG1340.jpg
CIMG1341.jpg

オーバードブースター。
CIMG1346.jpg

…いくつかのブースターの色が黄色くなってしまっていますが、おそらく中に詰めたエポキシパテに反射しているのでしょう。
まぁ明確な失敗箇所のひとつですねぇ。

武器。…はこちら側だけ…。一瞬点滅するだけなので、ぜんぜんうまく写真に取れないんです…。
CIMG1343.jpg



で、アサルトアーマー!
CIMG1349.jpg
CIMG1357.jpg
CIMG1358.jpg

いやぁ不健康な光を放っていますねぇ。透明レジンに置換とか色々と慣れないことをやりましたし、粗は色々目立つんですが…まぁもうこれ見られればそこそこ満足できてしまいます。

…ちなみに、アサルトアーマー発光時+メインブースター発光時にはホワイトグリントの中を合計400mA以上の電流が流れています。感電することなんかないとは思いますし、電流量だけで語っても意味ないんですが…普通に人が死ねる電流量ですね。アサルトアーマーとオーバードブースト同時発光はいろんな意味で怖いので、基本はやりません。回路上出来てしまいますが…。


で、最後にオリジナル要素…といっていいものか。
カメラアイ発光色切り替えです。
通常。
CIMG1355.jpg

切り替え。
CIMG1356.jpg


まぁ悪くはないんじゃないかな、と思ってはいます。…思ってはいますよ。

…思ってはいるんですが…

イメージとしては「再起動だと!?」がこんな感じだったらかっこよくね!?…だったんですが、なんでか「怒りに我を忘れてる…!」の方が先に脳裏に浮かぶんですよね…。
何でだろうなぁ…複眼のせいなのかなぁ。



…なんだか最後が締まらないですが、以上でホワイトグリント、完成です。
長々とお付き合いいただき、ありがとうございます。

ま、ホントはデカールも貼るべきだったのですが、前回記事の通りこいつ作成時はスプレー不可だったもので、トップコートすら吹けていません。…ということもあって、小さいのなんかはボロボロ剥がれるんですよね。
結局一部のみしか貼ってません。

しかし2年経った今見ると、あそこはこう直して、とか、ここはもっとこう…、とか、塗装が…、とか、今ならデカールも、とか…
…ああいかんいかん。こんなもん2体も作りたくないわ。ホワイトグリントのキット、今までで合計3つも買ってるのに。
まぁそうは言っても、未だに「カメラアイ保護シャッターを差し替えなしで再現!」ってのだけは全くアイデア浮かばないんですけどね。それ浮かんじゃったらまた作り始めそうで怖い…。


さて。
これでようやくブログ上でもAC4系のOP機体が揃いました。…と同時に、こいつの成れの果て(?)も出来ているわけで。

オマエラ、今はドイツと日本で離れ離れになっているけど、日本への2機の輸送が成功したらお前ら組み合わせで写真撮ってやるからな…!

今はどーしてもそれがやりたいんですよね…。特に黒栗との組み合わせは、おそらく現時点では自分だけの特権でしょうし。
うまく輸送出来ますように…。


スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://nin00o00nin.blog.fc2.com/tb.php/41-64acd5c0
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
おこんばんは

いやー、何度見ても凄まじいですね。
なんなんですかね、これは。
サイズは違えど、お手本ですよ、目標ですよ。

やっぱりこのグリント見るとやる気出ます。
あと、ちょっとだけ嫉妬心w

青目、赤目のくだりは笑わせていただきましたw

白黒共演は楽しみにしてます!
Posted by うさぽ at 2014.07.22 00:24 | 編集
 凄まじい行程を経ての逸品、筆舌に尽くしがたい労力だったと思います。正に究極の逸品と言える作品をこの目では意見できるのを非常に楽しみにしております。
 道中お気を付けて
Posted by Phyrexia(ファイレクシア) at 2014.07.24 20:35 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2014.07.26 01:51 | 編集
>うさぽさん
コメントありがとうございます。僕からすればパテ削り出しでなんであれだけ造形できるのか…といつも思いますけれどもw

一応輸送は完了し、壊れ…てはいない…多分…というところまで確認していますが、白黒を並べる前に時差ボケががが。
いつ写真取れますかねー…
Posted by ―nin― at 2014.07.26 10:04 | 編集
>Phyrexiaさん
コメントありがとうございます。なんとか持ち帰り完了、一部パーツの破損もありはしましたが、想定の範囲内だったため修正も容易、問題なくリカバリーできました。
…むしろ実家においてあっただけの白栗にダメージが…やっぱり未熟な作品と時間の組み合わせは危険ですねぇ。

こちらも初めての体験、大変楽しみにしております。よろしくお願いします!
Posted by ―nin― at 2014.07.26 10:08 | 編集
>名無しさん
コメントありがとうございます。ブログご覧頂いているようで、こちらも大変励みになります!

模型趣味ですが、記憶にある限りだと一番最初は小学生低学年頃に親にねだったBB戦士のGアーマーかな…。その後たまーに、思い出したようにプラモデルを買ってはいました。MG Ex-sガンダムに興奮と絶望を覚えたのはいい思い出。
といっても、本格的に趣味にし始めたのは5年ほど前、パチ組み以外に何かしら手をくわえるようになったのはそれから1年ちょっと後、この白栗の前作の白栗(なんで同じもの2つも続けてやってるんだって話ですが)からですね。…あとは大学自体に購入したバイクを弄る過程で電子工作技術(ていうか単なる半田付け技術というべきですが)を習得、という感じでしょうか。そう考えると期間は長い割りに作品数は多くないですね…
Posted by ―nin― at 2014.07.26 10:26 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。