--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015.06.07

DUCATI 1199 panigale リベンジ(?) 2

ご無沙汰しております…。広告出てきちゃった。

さて、自律ネクスト完成から一か月強。次は1199 panigaleの続きになります。
前回のこのカテゴリの更新は去年の八月なので、実に約10ヶ月ぶりの更新、ということに。ひどく間が空いてしまった…。


今回は久しぶりに、本当に久しぶりに市販キットの制作です。
とはいえ例によっていじり倒しましたので、手を加えたところを中心に制作の記録を載せていこうと思います。




では、まずは制作にあたっての目標を。

・ディテールアップ
・ビスの廃止
・カウル着脱
・電飾

この辺を実現するべく制作していました。


目標は立てましたが、この中で特に制作初期から影響があるのはもちろん電飾です。電線の取り回しや発光箇所の加工等、仮組の次の段階でやらなければならないことが山ほど…。
発光箇所とそれぞれに対して特に気にするべき部分は以下のようになります。

・ヘッドライトのHi/Loを別々に
twitterの方で実車をお持ちの方からたくさんの情報をいただき、その中でHiとLoのLEDヘッドライトの配置を教えていただきました(見ていただけているかはわかりませんが、情報提供本当に感謝しております。ありがとうございます!)
いただいた情報から考えてみましたが、キットのライトハウジングを加工して、HiとLoの光り方を明確に差別化する必要があります。
また、LEDの配置は実車と同様に「ライトハウジングの上面からリフレクターに照射する」という形にすることにします。

・メーター
せっかくなので光らせたいなと。スペースの確保が問題になりますが、ここはチップLEDならば問題ないでしょう。

・ウインカー点滅
リアウインカーはチップLEDがギリギリ入りそうなサイズですし配線もナンバーステーを使えば問題なさそうです。が、フロントウインカーは配線をステーに通し、かつ実車のウインカー(小さなLEDが多数並んでいる)をどう再現するかが問題になります。
LEDの配列の再現は0.25mmの光ファイバーを使うことにしました。

・テールランプ
パニガーレの非常に特徴的なテールランプは是非再現したいところです。左右それぞれが><こんな形でライン状に発光しているのをどう再現するか…。これについては0.5mmの光ファイバーを這わせ、発光部分のみ光ファイバー側面を削って荒らすことでライン上の発光を再現します。

・ブレーキランプ
フロントウインカーと同じく小さなLEDが並んでいるので、ウインカーと同様に0.25mm光ファイバーを使用します。

・ナンバー灯
最初は忘れていましたが、これはこれで地味に必要だな、と。これもキットのナンバーステーに小さなスペースがあるので、チップLEDで対応。

以上が発光箇所になります。

また、配線をどう通すかについては
・一度すべての配線をモノコックフレーム及びタンク内部の空間まで引き、そこで外部へつながる配線とコネクターで接続する
・外部への配線はモノコックフレーム→エンジン内部→スイングアーム→レーシングスタンドを介して外へ出す
・今回はベースに固定してしまうので、レーシングスタンドから出た配線はベースの裏を通して外部接続する
という方法を取り、ほぼ完全に外からは見えないようにします。



と、いうことで。

まずは外部への配線の引き方。

エンジンとフレームが接する部分に穴を開けておきます。
CIMG3989.jpg

エンジンの数か所にさらに穴を開け、何本かはエンジンから直接スイングアームへ。
CIMG3987.jpg

残りの数本は、リアブレーキのフルードタンク付近から出し、パイピングが施される部分を通してスイングアーム内部へ引き込みます。
CIMG3982.jpg
CIMG3984.jpg
CIMG3983.jpg

今回は初めてポリエステル銅線を導入したので線径は十分に小さいです。そのため数本をまとめて黒チューブに通すことで、パイピングと同じ見た目にすることができています。
また、今回ひとまとめにした+側の配線(これだけ今までと同じ0.4mmリード線を使用)についてはフレームから直接出し、実車の電装系ケーブル(の一部)と同じ部分を通してスイングアームへ引き込むことでディテールアップと配線を両立しています。

そうして引き出された配線はスイングアームの後輪車軸から外へ出し、穴を開けておいたレーシングスタンドから外へ出します。
CIMG4087.jpg
CIMG4088.jpg
CIMG4085.jpg


以上が外部接続用の配線の処理方法になります。

といったところで今回はこの辺で。字ばっかりですが…。
次回更新時に実際の電飾箇所の加工、各部のディテールアップについて記載していきます。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://nin00o00nin.blog.fc2.com/tb.php/61-e2ebbf69
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
Posted by at 2016.09.15 12:46 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。